頭部へメニュー 底へメニュー
아름다운 자연, 체험이 함께하는 이천여행
HOME > 利川市紹介 > 利川市案内
페이스북 트위터
利川市案内

利川という地名は936年高麗太祖王健が後百済を征伐するために出ていったが、利川の恵みの川である福河川で大洪水にあって困難に処したとき、高麗の外交家徐熙先生の祖先である徐穆の助けで川を渡って天下を企て、後日王健がこれを有難く思って、周易の「利渉大川」すなわち「川を渡って得した」の故事を引用、前の字の利と後ろの字の川を取って利川に命名したところから由来する。(出所_新増東国輿地勝覧)。

利川は百済の地から始まって高句麗と新羅の軍事的要衝地であり、昔から陶磁器と王に進上した良質な米の産地で有名だった。
利川は伝統産業とハイト真露、OBビール、ハイニックス半導体などの先端産業がバランス良く発展する都農複合型都市として四通八達の交通の要衝地だけでなく、海剛陶磁美術館、雪峯公園、利川温泉、陶芸村など多様な文化観光資源を保有する文化都市で、米、桃、黄耆、トドゥラムポークなど全国的に認知度の高い特産品を生産する豊かな都市、21世紀先進利川に跳躍している。

상단으로 바로가기