頭部へメニュー 底へメニュー
아름다운 자연, 체험이 함께하는 이천여행
HOME > 祭り/展示/公演 > 博物館/ギャラリー
페이스북 트위터
博物館/ギャラリー

利川市立博物館

2002年に開館した利川市立博物館は高句麗、百済、新羅の三国時代の歴史的遺物と高麗最高の外交交渉家徐熙先生、忠孝烈人物展示、義兵活動と独立運動を展示する歴史文化室、陶磁文化を展示する陶磁文化室、ユネスコ創意都市利川の未来のビジョンを見ることができるエピローグ展示室に構成されている。

観覧時間 : 09:00~18:00
料金:無料
お問い合わせ : ☎031-644-2946~7
休館日:毎週月曜日、1月1日、旧正月・秋夕、祝日の翌日
利川セラピア

利川セラピアは芸術家たちが創作活動に専念できる創作レジデンスや展示、工作所、情報センターなど複合文化空間で造成されていて、セラピア内の「山井湖水」は雪峯山の景観と調和してテーマ公園としての趣を添え、湖の前面にはアートショップとカフェ機能を備えた「トソンダン」と特別展示館「パビリオン」が観覧客のために造成されている。

お問い合わせ : ☎031-645-0693
観覧時間 : 09:30~18:00
入場料 : 個人3,000ウォン、団体(20人以上)2,000ウォン、学生(満19歳未満)2,000ウォン、学生団体1,000ウォン、京畿道民1,000ウォン割引
利川市立月田美術館

2007年8月14日に開館した利川市立月田美術館は近代・現代の韓国画壇の生きた歴史で、伝統の脈を引き継いできた賢人の風趣を収めた月田張遇聖先生の代表作品と生涯集めた国内外の古美術品1,532点を中心に月田の芸術魂にスポットライトをあてている。

観覧時間 : 10:00~18:00(毎週月曜日、1月1日、旧正月、秋夕休館)
料金:一般2,000ウォン/青少年1,000ウォン/子供600ウォン
お問い合わせ : ☎031-637-0032/0033, http://www.iwolijeon.org

青磁研究に一生を捧げた故海剛・柳根瀅翁が設立した韓国唯一の市立青磁美術館である。中世から近代に至るまでの陶磁文化の変遷史と製作技術の発達に関する内容を体系的に展示している。

土アートギャラリー

土アートは、新しい陶芸作品のコレクションを夢見る内・外国人達に韓国の優秀な陶磁文化に接する機会を提供している。
美しい芸術の香りが漂う優れた作品性の陶芸作品に出会える陶芸空間であり、2階にはこじんまりとしたコーヒーハウスがあり情緒を加えている。

住所: 利川市新屯面水廣里 386-12
お問い合わせ: 031-634-3496
ホームページ: www.thoart.com
韓国キリスト教歴史博物館

韓国キリスト教の歴史と関連した各種図書、新聞、雑誌、文書、ハガキ、写真など10万点余りの資料を所蔵している国内唯一の韓国キリスト教歴史博物館である。
展示室、セミナー室などを備えており、学術セミナー、主題別資料展示会、企画展など多様な活動を繰り広げている。

住所 : 利川市大月面草芝里 474-2
開館時間 : 10:00~17:00
休館日 : 毎週月曜日、旧正月、秋夕
お問い合わせ : 031-632-1371
ホームページ : www.kchmuseum.org
工場ギャラリー セムピョ スペース

セムピョ醤油工場内に位置する代案空間セムピョスペースは、一般的なギャラリーの固定観念を破った工場ギャラリーである。
色とりどりのタイルで装飾された独特の展示場は、新鋭作家達の実験精神を思う存分繰り広げることができる場であり、斬新で興味深い企画展が開かれている芸術空間だ。

住所 : 利川市戸法面梅谷里 231番地 セムピョ工場内
開館時間 : 火曜日~日曜日 10:00~17:00
休館日 : 月曜日、祝日
入館料 : 無料
お問い合わせ : 031-644-4615
ホームページ : www.sempiospace.com
青江漫画歴史博物館

作家が直接描いた原画、単行本、稀少漫画、カートゥーンなど1900年代初期から現在まで漫画の変遷史をひと目で見ることができる。漫画の発達史を紹介する博物館解説からカリカチュアのような漫画技法体験、漫画製作技法に関する映像物視聴などのプログラムがある。漫画映像図書館は国内・外で出版された漫画書籍、雑誌、アニメーションなど膨大な資料を所蔵した漫画専門図書館である。

住所 : 利川市麻長面蟹越里 37番地 青江文化産業大学
開館時間 : 月曜日~金曜日 10:00~17:00
休館日 : 月曜日、祝日
入館料 : 無料
お問い合わせ : 031-644-4615
ホームページ : www.sempiospace.com
상단으로 바로가기