頭部へメニュー 底へメニュー
아름다운 자연, 체험이 함께하는 이천여행
HOME > 観光スポット > 山地
페이스북 트위터
山地

雪峰山
高麗太祖王健が後三国統一の大業を夢見た利川の鎮山の雪峰山(394m)は、険しくはないがその山勢が秀麗で8峰3渓谷、2稜線などがある。新羅の金庾信将軍が三国統一のために作戦をたてたという雪峰山城と雪峰公園、市立博物館など有益な見どころも多く、利川市民はもちろん、観光客もたくさん訪れる名山である。
雪峰山 写真
老星山
老星山は、海抜310mと低いが、窟岩、屏風岩、馬頭岩などの様々な形の奇岩が多彩な見どころを楽しませてくれる。
山の入口には体育公園が造成されていて老若男女が訪ねている。
晴れた日に山の頂上に上がれば、忠北のカムゴク、安城、一竹、驪州、楊平まで見えるという。
老星山 写真
トドゥラム山(猪鳴山)
山の高さは349mで、主陵線が岩で形成されているため、登山の醍醐味を満喫することができる。
特に、頂上付近の3つの峰は利川の代表的な絶景として数えられている。
トドゥラム山(猪鳴山) 写真
百足山
長湖院に位置する百足山(402m)は、2時間程で一周でき、軽い岩盤登山と山歩きを楽しむのに良いコースである。
頂上には百本の足を持ったムカデが住んでいたという伝説が伝わるムカデ窟があるが、この伝説から百足という名前が付いたという。百足山の西側の於石里部落には高さ5mの石仏立像がある。
百足山 写真
円寂山
円寂山は利川北部の広州と境界を成し、東西に長く繋がっている。
海抜634mの天徳峰は利川市で最も高いところで、頂上に上がれば利川の全景を見渡すことができる。
円寂山 写真
馬国山
暮加面の西側に位置した馬国山は、海抜445mで山が険しく谷が深いことで有名だ。
馬国山の一脈の所古里の西側の谷間には広い岩に優れた腕前で彫刻された磨崖如来座像と、積極的で誇張された表現が目を引く磨崖三尊仏像がある。馬国山西側の麓には權鈞の墓地がある。
馬国山 写真
孝養山
夫鉢邑に位置する海抜187mの山で、孝養山という名称は、昔、両親に対する孝行心がこの上ない孝行息子がこの山の中に住んでいたため、人々があの山が孝行息子を育てたとして孝養山と呼ぶようになったという由来が伝わっている。
孝養山 写真
臥龍山
山の麓に天主教丹川聖地を抱えている。古くから龍が横になっている形だとして臥龍山と呼ばれ、ジャンブ岩、コンドゥル岩など見どころも多い。急な傾斜でないため、老若男女誰でも楽しめる登山コースであり、所要時間は約1時間、山の高さは270mである。
臥龍山 写真
상단으로 바로가기